家庭教師の依頼方法

家庭教師を頼むには、派遣会社に依頼する方法と、個人契約、つまり直接契約をする方法の2通りに分かれます。個人契約・直接契約というのは、派遣会社を通さずに直接、家庭と家庭教師が契約を交わすというシステムのことです。ここ10年くらいで、個人契約・直接契約が一般的に認知されるようになり、多くの家庭が利用するようになりました。直接契約のメリットは、派遣会社に支払う中間マージンが発生しないことが挙げられるでしょう。その分、家庭としては時給を安くあげることができますし、家庭教師側も派遣会社に登録して仕事をするよりも時給が高くなります。

つまり、どちらにとってもメリットのある契約方法だといえるでしょう。お互いに雇用条件などに納得するだけではなく、満足感を得られやすいのが最大の特徴だといえます。個人契約で家庭教師を雇うことで家庭側のメリットは数多くありますが、派遣会社と違って、入会金や管理費がかからないこと、教材などを強制的に購入させられることがないこと、お子さんの志望校などを受験した経験者を家庭教師として雇用できることなどのメリットが挙げられます。

また、派遣会社の場合だと、年間契約性などがあり、途中でやめることができない場合がありますが、個人契約の場合ですと、途中でやめることも可能です。また、費用面でも、派遣会社へ依頼する場合と比較すると、年間で費用が30万円から80万円以上もリーズナブルなのです。

[関連サイト]
プロ家庭教師を依頼できる派遣会社のサイトです →→→ プロ家庭教師